gitで差分を抽出してpatchで使えるファイルを生成

gitで差分を抽出してpatchで使えるファイルを生成したい時、毎回同じ検索ワードで検索して、毎回同じサイトを見ていたので、自分用にメモ。普通のpatchコマンドで取り込めるdiffファイルをgitで作成する – kanonjiの日記という記事が自分にとって一番分かりやすかった。このページを参考に、自分が使う用に書いておく。

$ # ファイルを生成
$ git diff (diffの方法) > (パッチ名.patch)
$ # 実行結果を確認
$ patch --dry-run -p1 < (パッチ名.patch)
$ # ファイルを適用
$ patch -p1 < (パッチ名.patch)

$ git diff develop features/dummy > diff.patch
$ patch --dry-run -p1 < diff.patch
$ patch -p1 < diff.patch

gitに関する書籍


コメントを残す