SimCity3000の濃厚なアドバイザー

つい先日、シリーズ最新作となるSimCity5が発表されました。前作SimCity4の発売が2003年ですから、じつに9年ぶりの大発表です。その間、SimCity CreatorSimCity Societiesが発売されましたが、これらの開発にはウィル・ライトもMaxisも参加していないため、Maxis参加による9年ぶりの新シムシティーには否が応でも期待が高まります。

さて、筆者はSimCity2000(+Urban Renewal Kit), SimCity3000(+Special Edition), SimCity4(+Rush Hour)の3つのバージョンを主に遊んでいました。その中でも印象的だったのはSimCity3000のアドバイザーです。SimCity3000にはアドバイザーがいて、都市の運営の参考になる情報を提供してくれます。そのキャラクターがどうにも濃い。忘れられないインパクトがあったのですが、そのキャラクターは英語版やヨーロッパ版で微妙に変化が加えられています。先日、ヨーロッパ版のあまりにも濃いキャラクターを見てしまったので、夢中で調べていたところ すべての各ローカライズごとのアドバイザーを網羅しているまとめページを発見しました。とても強烈なので、画像を借用する形で一覧化してみました。

日本語版
Japanese ver.
(Non-Western)
英語版
English ver.
ヨーロッパ版
European ver.
財政アドバイザー
Mortimer Green
(モティマー・グリン)
運輸アドバイザー
Moe Biehl
(モー・ビエール)
都市計画アドバイザー
Constance Lee
(コンスタンス・リー)
環境アドバイザー
Karen Frawl
(カレン・フロール)
公共アドバイザー
Maria Montoya
(マリア・モントイエ)
厚生アドバイザー
Randall Shoop
(ランドール・シュープ)
公益アドバイザー
Gus Oddman
(ガス・オッドマン)

とても濃いですね。財政アドバイザーなんかは煮詰めたような濃さになっていますし、英語版の厚生アドバイザーは竹中直人みたいな感じになってます。ただ一人だけ、ヨーロッパ版の公益アドバイザーだけが日本版や英語版に比べてあっさり目に変化しています。

SimCity3000を初めてプレイした時に すんなりこの濃さを受け入れられたのも、アジア圏の人間でも違和感がないようにグラフィックがローカライズされていたからなのかな、と思いました。SimCity5にアドバイザーが導入されるかどうかは不明ですが、この濃いキャラクターはぜひとも復活してほしいなぁと願っています。

Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

「SimCity3000の濃厚なアドバイザー」への1件のフィードバック

コメントを残す