gitで後からリモートを追加する

git initしたあとにリモートを追加してorigin masterを省略するメモ – gabuchanの日記に答えが書いてあった。

例えば、クライアントでプロジェクトをプロジェクトを新規作成、しばらく経って「githubにアップロードしておこう」と思った時に使う。以下のように実行すればよい。

$ git remote add origin git@github.com:username/gitname.git
$ git pull origin master
$ git push -u origin master

元のページと比べてgit pullを追記しているのは、githubでリポジトリを新規作成した時にREADMEを自動生成した場合、競合を防ぐためにpushの前にpullが必要だったから。


コメントを残す