よく使うgit(自分用)

gitでよく使うコマンドをメモ。随時アップデートする。

ブランチを新規作成 + 切り替え

$ git checkout -b (new_branch_name)

リモートブランチを持ってくる

$ git checkout -b (local_branch_name) origin/(remote_branch_name)

ローカルで作ったブランチをリモートに新規作成してpush

(remote_branch_name)は特に変更する必要がなければローカルのブランチ名と一緒でよい。

$ git push origin (remote_branch_name)

ちなみに、以下のように–set-upstreamを付けると、次回からgit pushだけでよくなる。

git push --set-upstream origin (remote_branch_name)

ブランチ名を変更する

カレントブランチの名前を(new_branch_name)に変える。

$ git branch -m (new_branch_name)

(old_branch_name)の名前を(new_branch_name)に変える。

git branch -m (old_branch_name) (new_branch_name)

ブランチを削除する

(branch_name)はremotes/origin/development/myfeatureの、development/myfeatureの部分。
ローカルブランチを削除して、リモートブランチを削除する

$ git branch -d (branch_name)
$ git push origin :(branch_name)

全部削除

$ rm -rf ./*
$ git rm -r ./*

別のブランチの内容を取り込む

現在のブランチに取り込みます。

$ git merge (another_branch_name)

サブモジュールの内容を修正した場合

サブモジュールのディレクトリに移動して、コミットしてプッシュしてから、プロジェクトのディレクトリでコミットする。

$ cd ./submoduels/subproject/
$ git commit -a
$ git push origin (remote_branch_name)
$ cd ..
$ git commit -a
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す